私というチームをつくるもの


2020.3.20 |  美爪コラム

日に何度も手洗いをすると、やっぱり爪は弱くなりがちですね。わたしも日に何度も手洗いをするのですが、そうすると爪が割れたり欠けているのを発見することもあったりして。そういうときはもちろん、保湿が足りませんよの合図と捉えて、たっぷりとオイルを塗り揉み込みます。

以前は爪を骨の親戚のような固いものとイメージしていましたが、実は3枚構造なんだそうです。一枚の板ではなく薄いものが重なって出来ているみたい。

3枚の層が重なって、健気に指先を守っているんだなぁとイメージを書き換えてみると、ひとつひとつのお手入れの意味がわかります。

パチンと切るよりもヤスリを一方向に動かして長さを整えたほうがやさしいし、オイルで潤したほうが三位一体になれる気がします。

昔戦国武将が「一本の矢は折りやすい。一つに束ねれば折れにくい」と団結することの大切さを説きましたが、わたしの指先も団結していたわけです。

身体って本当によくできている。「わたし」というチームをつくって24時間バックアップしてくれる。そう思うと頼もしいですよね。

記事/月野みちえ